肌や体の悩みに対して効果的なことを行なっていく

顔の悩み

顔のたるみ・ほうれい線

あごがたるんでくると、それに連動して首もともたるみ、(顔、頬、目の下)のたるみが原因で、ほうれい線が目立ってきます。顔と首は連動している部分なので、ネックケアはとても重要です。首がたるんでシワができるのは、乾燥や加齢、紫外線の影響によりますが、姿勢が悪く、いつも下を向いているのもほうれい線をつくる原因に。なるべく上を向いて、皮膚をのばすような工夫をしましょう。また、マッサージは上から下へ、リンパの流れにそってさするようにするのがポイント。強くこすり過ぎないように注意しましょう。(保湿アイテムをプラスして)乾燥はシワやたるみの原因に。顔のスキンケアで余った化粧水や乳液は、必ず首もとまでのばして。専用のネッククリームもあるので、試してみるのもいいでしょう。

完璧に隠そうとしないでOK

「肌トラブルもコンシーラがあればこわくない」通常、目の下のくまやたるみのトラブルは、よく伸びるタイプのスティックコンシーラーを直接つけ、指でなじませるというやり方でカバーします。でもシワっぽさが気になるエイジング世代。もう一歩進んだ方法を。ブラシにコンシーラーをつけ、気になる部分に薄く重ねます。一度重ねたらスポンジでなじませ、様子を見ながら少しづつ重ねます。それはまるで薄いクレープを重ねたいくような感じです。プロの方がやるテクニックですが、薄づきなのにシワっぽくならずしっかりカバーできます。(老けて見えるほうれい線もペンシルが効果的)ほうれい線の悩みは、(目の下のくま・たるみ)カバーの仕方と同じ。やや明るめの色で溝の上をペンシルでなぞります。小鼻の横から、軽く指先でなじませていきます。完璧に隠そうとしないように。ふわっと隠れていれば、OKです。

↑ PAGE TOP