肌や体の悩みに対して効果的なことを行なっていく

小顔を目指す

骨を削らない方法を選択する人が多くなると考えられています

 顔が大きく見えてしまう原因は様々です。頭蓋骨そのものが大きいために顔が大きくなってしまっている人もいれば、余分な脂肪がついて顔が膨らんでしまっている人もいます。その他にも、老廃物や水分が溜まって顔が大きくなっている人や、エラの筋肉が発達しているために顔が大きく見えてしまっている人がいます。顔が大きいと、全体的なボディバランスが崩れてしまいますので、昔から小顔にするための美容整形手術を受ける人が結構いました。しかし、従来は骨を削ることによって小顔をにする美容整形手術が主流だったため、治療を受けることを躊躇ってしまう人が少なくありませんでした。ですが、現在では骨を削らずに小顔にする整形治療の方法がいくつも考案されるようになり、昔に比べると気軽に小顔治療を受けられるようになりました。今後は骨を削らない方法で治療を受ける人が多くなるだろうと考えられています。

ボトックス注射を使う小顔治療を受ける際の注意点について

 ここ数年、ボトックス注射を用いる小顔治療を受ける人が多くなってきています。エラが横に張り出しているせいで顔が大きく見えてしまっている人が少なくありませんが、従来そのような人に対しては、エラの骨を削る美容整形手術が提案されるケースが多くなっていました。余分な骨を削ってしまえば確実に顔を小さくすることができますが、とても大掛かりな美容整形手術になりますので、ダウンタイムが長くかかります。しかし、エラ部分の筋肉を痩せさせることによって小顔効果を得るという治療方法が開発されたおかげで、体にかかる負担を心配することなく小顔治療を受けられるようになりました。それがボトックス注射を使う治療方法です。ただし、ボトックス注射による治療効果には永続性がありませんので、医師とよく相談してみることが大切です。

↑ PAGE TOP